So-net無料ブログ作成
検索選択

「ヒマラヤ国際映画祭TOKYO2010」開催11月19日(金)〜21日(日) [チベット]

以下、ML Linkaに流れたお知らせを転載します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ヒマラヤから地球を見よう、考えよう】 vol.9 2010/11/17

“「ヒマラヤ国際映画祭TOKYO2010」開催“
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒマラヤの尽きせぬ魅力、価値を、ヒマラヤ関連の世界各国の秀作ドキュメン
タリー映画を通じて世界の人々に伝える「ヒマラヤ国際映画祭TOKYO2010」が
開催されます。

“地球を考える ヒマラヤから考える”をコンセプトに、映画を通じて地球温暖化、
民主化、紛争、チベット問題など、ヒマラヤから発せられている様々なメッセー
ジを観客に届けます。映画の舞台は、ブータン、中国、チベット、ネパール、
インド、パキスタンに及び、ヒマラヤの雄大な自然と人々とが織り成す壮大な
ドラマを体験することができます。昨年の西日本大会では全ての全国紙やNHK
など約40ものメディアが記事や番組で紹介され、2700人を動員しました。

「映画祭」の概要は以下の通りです。

□ 名称:ヒマラヤ国際映画祭TOKYO2010
□ 公式サイト:http://www.himalaya-japan.net/hfft10
□ 主催:特定非営利活動法人ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン
□ 開催日程:2010年11月19日(金)~21日(日)
□ 会場:国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟小ホール
東京代々木
□ プログラム:
*ドキュメンタリー映画作品(21作品)上映(全作品日本語字幕付)
*国際シンポジウム:「ヒマラヤから現代社会を問う:世界の矛盾と
  ヒマラヤ文化の役割と可能性」(20日18時~)*国際交流基金助成事業
□ 入場料:
*映画1セクション及び国際シンポジウム
-前売り:1,200円 / 当日:1,500円
*フリーパス(賛助会員年間会費として支払い)
-前売り:3,500円 / 当日:4,000円
(フリーパスは、3日間すべての映画を鑑賞でき、国際シンポジウムも
参加いただける大変お得なパスです。3500円(当日4,000円)は入会
から1年間、その他の特典も付きます。)

□ 上映作品例:
〈日本初公開・独占上映〉
『エベレスト 平和の頂』 Everest: A Climb for Peace
監督:ランス・トランバル/2007/アメリカ/63分/ナレーション:
オーランド・ブルーム世界から集まった9人の”平和のクライマー”が
世界最高峰エベレストの頂をめざす!国籍、言語、信仰など、様々な
異なる背景を抱えるチームだ。このチームを象徴する存在、それが
パレスチナ人とイスラエル人のクライマーだ。長年、戦闘を交える
両国のクライマーは共に平和の登山を成功に導くことができるのか・・。
オーランド・ブルームがナレーターとして参加したことも話題を呼ぶ。
ダライ・ラマが「偉大なる業績」と讃えた感動作、日本初公開。

□ お問い合わせ先:

特定非営利活動法人ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン
映画祭公式サイト:http://www.himalaya-japan.net/hfft10
Mail: biz (at) himalaya-japan.net
TEL: 090-3845-1595(10:00~17:00)*広報担当:鴇(とき)
FAX: 03-6671-2181
〒106-0047 東京都港区南麻布4-5-6

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 編集後記 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2003年にオランダのアムステルダムで始まった同映画祭(Himalaya Film
Festival)を2006年より日本でも開催しています。東京(2度)・関西
(京都・神戸)を経て、再び東京へ。御蔭様で、今回で4度目の開催となり
ました。もともと、私のドキュメンタリー作品(『チベット難民-世代を超えた闘い』
英語版:『Tibetan Refugees-A Struggle Beyond Generations』)が
2004年にHFFに招待されたのが縁で、オランダのNGOであるヒマラヤ・アーカイブ
・ネーデルランドと共同でこの映画祭プロジェクトを進めています。先月10月には
新たにニューヨーク(アメリカ)が開催地に加わり、「ヒマラヤ」を介した日本と
世界との「絆」は更なる広がりを見せています。是非、会場に足をお運び頂き、
「ヒマラヤ」が発する様々なメッセージに耳を傾けて頂ければ幸いです。
=======================================

■ 発行:田中邦彦(NPO法人ヒマラヤ・アーカイブ・ジャパン 代表)
■ 公式サイト: http://www.himalaya-japan.net
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。