So-net無料ブログ作成
検索選択
スワヤンブの日々 ブログトップ
前の8件 | -

アンブレラ・ファンデーションに古着を寄付しました [スワヤンブの日々]

ずっと前にガワン・ワンドゥの治療費として寄付していただいた分の残金、
約10万円を寄付したアンブレラ・ファンデーション
(ウエッブ・サイト、パワーアップしました^-^)に、
古着などダンボール8箱分を寄付しました。(前記事はこちら
余談ですが、お金を寄付をした何日か後にチベット動乱(去年3月)が起きて、
全く報告を怠っておりました(汗

今回は、最近ネパールから日本に帰国した方々などから、
「必要な人にあげて」と委託された古着(かなりきれい)、
男性用、女性用、子供用、プラスうちの子供のお古、
服のほかにもおもちゃや雨具、靴、帽子、かばん、小物など、
段ボール箱に8個分になりました。
日本のリサイクルショップやフリマで買えば、
時価5~6万円相当といったところでしょうか。

ジャワラケルの幼稚園の子供達は、みんな親もいて服も買って貰えるし、
老人ホームの人々も服は特に必要ない、、、とするとやはり、
必要としている所に持っていこう、と思いまして、
私が前からサポートしているこの孤児院に持っていくことにしました。

*海外から送ってくれる古着は、税関で税金をかけられたり、
賄賂を要求されたりという事があるので、
受け取る側としては、非常に心が暗くなるひと時。
こういう風にネパール内で手に入れられるのは助かります。
以前ドイツの学校が寄付してくれた新品の体操着300着分に
4万ルピー(当時6万円ぐらい)もの税金を要求され、
孤児達のものだと証明するのに何度も足を運んだり、
忍耐強く交渉したりと、たいへんな労力を強いられた事もあったようです。
もちろんなんだかんだといちゃもんをつける税関員は、
ワイロが欲しくて(というか当たり前のことだと思っている)ごねているだけで、
ワイロを払うか、大使館などが正式に苦情を言ってくれたりすれば、
すぐに解決するわけなのですが・・・

あれから(っていつから?)時は経ち、いつのまにか孤児院として
使用している8軒のお家に加え、年々増えるボランティアための
ボランティア・ハウスも登場。
郊外に建設中のチルドレンズ・ビレッジの建設
(学校、職業訓練校、住宅など)も着々と進んでいるようです。

この9軒の家はすべて私の家から歩いて5分以内にあるのですが、
夕方になると子供達の声が風に運ばれてきて楽しい気分になったり、
散歩の途中で庭で遊ばせてもらったり、うちの子と遊んでもらったり、
何かとお世話になっています。
郊外に全員(現在総勢450人ほど)が越してしまったら、さみしくなるなあ・・・・

でも、この他にも、前にお伝えしたチベットのお寺が運営している
近所にできたギャルタン孤児院(現在48人の子供達)には、
チベット医学のクリニックとアンティーク・ショップ
(めちゃきれい>さすがお寺さん)がオープン。
お寺と田んぼしかなかったKimdolもずい分にぎやかになりました。

こうして、サポートが必要な子供達に大人たちの助けの手が届くのは
本当に喜ばしい事。
あとは、孤児を生み出さない環境が整う事、
子供達を救い出さなければいけないような劣悪な孤児院が
一刻も早く無くなってくれる事、
ネパール政府が心を入れ替えて、 国民を自分達の手で救えるようになる事
を願うばかりです。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しい孤児院 [スワヤンブの日々]

停電がさりげに増えている@カトマンズです。
週一のラッキー・デー>夜8時間の送電日が4時間に減らされている(--;)
なんか、びみょ~にスケジュール変わってますよね?発表もなにもなけどさ。ふ。

んでもって今日はカリマティ付近が通行止め?
スリランカの首相の訪ネだそうで、朝から物々しい警戒態勢。
いつもより背の高い警官隊が配属されてます(笑)。
橋の下にライフル持ったアーミーがうようよしてました。
ああ、午後はまた歩かなきゃいけないのか・・・ふ。

ところで、
うちの近所(スワヤンブ)に新たな孤児院がオープンしました!
名前と庭にある金色のブッダ、そしてテントにタルチョ、チベタン系です。
そーいえば東京の知人がやってるNGOが支援しているって言ってたなあ、
先月は視察に来てたっけか。
なーんてのん気に思いながら昨日見学に行ってきました
(勝手に夕方入ってみた)。

40名ほどの子供達がみんなで夕飯をしていました。
ホテルみたいに立派な新築の建物でびっくり。
ここは何年も前にマオイストが老人ホームを建てるといって着工してたんですが、
いつの間にか計画は無くなり(笑)、その跡地を誰かが買って、
孤児院として使用するようです。

前にも触れましたが、うちの近所には
アンブレラファンデーションという孤児院があり>過去記事
ここでは「ネパールの孤児院でひどい目にあっている子供達」
レスキューしてます。
始めたのは、アメリカンスクールの先生達、
現在400名以上(3分の1は親はいても学校に通えなかった貧しい家の子供)
の子供が近所に借りている7つの家にそれぞれが暮らしてます。
その遊び場はうちの子の遊び場でもあり、
夕方のわいわいした雰囲気が好きで良く立ち寄るのですが、
なんと新しい孤児院は、そこから20メートルと離れていません。
またもや遊び場が増えてうれしかぎりです。
かわいい犬が3匹と、おっかなそうな番犬が3匹いました。

今だけかもしれないのですが、その敷地内には
馬が10頭ばかりいるのです^^
山の方から来たのかな?それとも飼うのかな?気になります!

という事で、うちは現在、半径300メートル以内に
8つの孤児院があるという事になりました。
なんか、すごい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

稲妻なひな祭り [スワヤンブの日々]


春うららかな日中とはうって変わって、
午後から風が吹き始め、
空では、雷さまがゴロゴロと太鼓を鳴らし、
また雨が降ってくれました♪♪

まだまだ乾期の厳しさは、これからですが、
冬の終わりと、春を告げる恵みの雨は、
乾いた空気とお肌に、ほっと一息の潤いです。

本日はひな祭り。
ひなあられでお祝いしました♪

IMG_7218.jpg
ニマ石は娘が置きました^^; お雛様とお内裏様を守ってくれるそうです。

IMG_7234.JPG
こんな繊細な色合いを子供お菓子に使う民族は、日本人ぐらいでしょうか。 美しいなあ・・・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お水、届きました [スワヤンブの日々]

来ました~!お水(感涙)。

ここ、スワヤンブ、キムドル村には、水道水というものが通っていません。
なんでも土地のすぐ下が岩盤だそうで、
井戸水もかなり深くまで掘らないと出ない場所です。
なので、この辺は地震がきてもあまり揺れないとか?
確かに古い家が多く残ってます。
ま、水道が来てた所で、水がこないんだから、別に一緒なんですが。

車道のない丘の上の村人たちは、数少ない井戸を共用しておりますが、
最近アーミーが敷地内にボーリングを入れ、
地下水を掘りました。100メートル近く掘ったそう。
それを巨大なタンクにくみ上げ、
朝夕、村人達にもワケワケしてくれるので、
毎日、アーミー宿舎の横に長ーい列が出来ています。
子供が楽しそうに水を運ぶ姿は、
井戸端会議全盛時代の、古き良き日本の姿と
重なるのでした(って知らんけど)。

車道に面した、わりに裕福なお家はどうかといいますと、
大抵敷地内地下に、6000~15000リッター級の貯水槽が作ってあり、
タンカーで水を運ぶ業者に頼んで、水を買うわけです。
うちは12000リッターですが、普通に使えば、1~1,5ヶ月
ケチケチ使えば、2ヶ月はもちます。
外国人の家庭を観察してみますと(んなこと観察すんなって)、
水を買う回数が、まあ、ネパール人家庭の2~3倍でしょうか。

ホント、ネパ在外国人さんたち!(含ジャパニ)
もっと、二酸化炭素削減に協力しましょうよ!!ねっ?
あと、資源は大切に使いましょう。
 
(こんな時にホースで庭に水やりすんなー)
えーっと何の話でしたっけ?
そう!そうです、その水がっ!
やっと昨夜、我が家にもやってきたのです(涙

B型ばなな猫は、けっこういいかげん?と思われがちですが、
あらま、意外にも用意周到なところがあって、
なんでも先回り先回りに手配しないと、気が済みません。
単なる、防災防犯オタク、とも呼ばれていますが・・・。
(要はいろいろ揃えるのが好きなんですぅ)

なので、巷に「ガソリンがない」「ディーゼルがない」と聴いたその瞬間、
タンクをチェック、すぐに水の手配をいたしました。
ところが、世の人々は当然同じ行動に出るわけで、すでに時遅し。
停電の影響もあって、「2~3日はかかる」とのこと。
実はその時、まだ余裕で2週間分はありそうだったので、
「ま、いいか」と思ったわけですが、これがいけなかった。
 
ネパールで何か頼んだ場合、そりゃあもうしつこく確認しないと、
動いてくれません。
「ま、いいか」という怠慢な私の心は、
この「しつこく」を怠ってしまったわけです。ああ、不覚。
2-3日してみると、もちろん、「あと2-3日」の答え。
当然です。その間も、しつこくしつこく電話をかけ続けたものが、
勝ち組となって、水を手に入れているわけです。うぅぅ。

水は生命線。
この辺で、多少の疑心暗鬼がふくらみます。
「このまま、ディーゼルがこなかったら・・・・ど、どーしよう・・・・
タライはこのまま荒れ続けるであろう・・・
しかも11時間停電がやってくる・・・」
水屋もこの辺の心理は、ようついとります。
さすが、プロ。
「1500ルピー払うなら、明日行くよ、ディディ」
ワシ「・・・・・わ、わかった。か、金なら払う、払うでのぉ、
明日きてくれ~!!」

確かに、
ガソリンスタンドに並んで並んで、やっと10リッターだかを手に入れ、
山まで行って、モーターで水を汲み上げ(停電だから、こちらにも列)、
それをこちらの停電じゃない時間を見計らって、持ってきてくれるわけです。
300ルピーぐらいのエクストラは当然と言えば当然。
上客をエコヒイキするのは古今東西、当たり前。
わしも外国人の端くれ、そのぐらいの太っ腹は見せましょう!

ちなみに、外国人の皆さん。
最近のタクシー代の高騰も理解してあげてください。
8時間、12時間、24時間並んで、たったの5リットル、
なんて世界が展開されております。
車に乗りたかったら、この並んでる間の人件費も
払ってあげねば、まじかわいそうです。

えっと、なんだっけ。そう、水ね。

で、みごと300ルピーの力で、少し早めに来てくれる約束を
取り付けたのですが、まだまだ安心できません。
ネパールの「明日」って、まあ、「2、3日から一週間」ですからね。

でまあ、もちろん予測通り、その「明日」は、また「明日」になり。
「今日1時に行く」は、「やっぱり4時」になり、夕方「明日は絶対」になり。
「明日は絶対」は、「今、リングロードでデモやってる」になり、
しかし、私のしつこい電話作戦が労をなし、
「あと10分で着くから!」までに縮まったのでした。いやっほ~。
この間、4日間の戦い。

ところが30分後、「お?タンカーの音がする!きたかっ!」
とはりきって庭に出てみると、
道を挟んだ向かいの家に入っていくタンカー。
「なーんだ家のじゃないのか」とがっくりしていると、
電話のベル・・・・・
「運転手が間違って、下の家に入れちゃった!」
だってよーーーー!
おいおいおいおいっ!
 
(この家もずいぶん前からオーダーしてたらしい)

しかし、律儀な水屋は、頭が白くなっている私に
「大丈夫!大丈夫だ!もう一台、今、水を入れてる所だから、
必ずそれを行かせるから!(しっかりしろー)」
と約束してくれた。うううう、いい人だなあ。
でもあと3時間で停電だよー、それまでに来てよね!

その後の1時間ばかりは、夕飯もそこそこ、気をモミモミ。
大好きな人と、とうとうデートまでこぎつけたのに
相手がなかなか現れない!ぐらいに気を揉みました(笑)。

そして、いよいよタンカーの音!!!
プワワワン!というクラクションと
グイングイングイ~ンという、ディーゼルエンジン。
懐中電灯片手に、「いやっほ~」と小躍りしながら飛び出して、
家を間違えないように誘導(笑)。
ざぶざぶとホースから貯水槽に流れる水鑑賞を堪能しました。
母の喜ぶ姿を見て、娘もなんだか大興奮(笑)
わーい、水だ水だ~!
しかも、ガンガブの山から来た、すっごく澄んだきれいな清水でした。

ああ、水は生命線♪
 
その後、また水屋から電話。
「水来たかー?そうか、そうか、よかったなー!」(いい人だぁ)
「うん、ありがとう!(本当はまだちょっと残ってたんだけどさ!)」
 
「これでもう、変なネパール語と英語混じりで、
しつこく電話されなる。よかった~(涙)」>水屋の心の声。

ああ、しかし、いつまでこんな日々が?
4月の選挙、本当にやるんですかあ、UNさん?
あんまり干渉すると余計に荒れるんじゃ・・・?
 
ばなな猫の予言>
ネパールはまだまだ荒れるであろう。
理由>猫を可愛がらないから
詳しくは↓

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ルッコラの花 [スワヤンブの日々]

ルッコラ(ロケット)の花、初めて見ました


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仲良し(?)ジジとニマ [スワヤンブの日々]

まだまだ予断は許しませんが、ジジのしっぽが脹らまなくなりました。

(一応)一緒に日向ぼっこ。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

うちのニマ [スワヤンブの日々]

シャンプーもしてもらって、首輪を付けたニマです♪かしこそうでしょ?

ちなみに首輪はヘンプ・ウールです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うちに太陽(ニマ)がきました [スワヤンブの日々]

週末キャンプをした山頂には、
タシ(チベット語で寿?)という名のオス犬がいて、
一晩、私たちの番犬を務めてくれました。
(バーベキューの肉が目当てだったかもしれませんが)
ちょっと変わった犬で、山のてっぺんから
悠然と村を見下ろしたり、
朝日をじっと眺めたり。

彼には子犬が一匹いて、
聞けば母犬は「トラに食べられた」のだそうです。
・・・トラではなくて豹か山猫(リンクス)の事だと
思いますが、どちらにしても可哀想ですね。
(人間もたまに食べられてます)

最近ずっと「子犬いない?子犬?」と聞きまわっていた私は、
迷わずうちの番犬になってもらうことに決定。
飼い主に聞いたら、
「持って行く?持って行って、持って行って」とうれしそう。
養子縁組交渉成立。
今まで育ててくれたお礼に、と500ルピー渡しました。

娘の手を右手で握って、
子犬を左手にかかえ(帽子に入れて)の下山は、
子犬がおとなしくしてくれていたおかげで、
楽しいハイキング気分。

名前は、あの日見た日の出にちなんで、ニマ。
チベット語で太陽、という意味です。

帰ってきてジジ(うちの猫)のバフ肉をあげたら、
まずしたのは、「隠す」でした。
いじらしい~。
多分、山では肉なんて食べられなかった事でしょう。
ちなみに庭にいるミミズも食べてます^^;


ニマ


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の8件 | - スワヤンブの日々 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。