So-net無料ブログ作成
検索選択
共通テーマ ブログトップ
前の8件 | -

共通テーマ「停電秘話」 [共通テーマ]

秘話・・・というほどのものでもないが。

ばなな猫カフェをやっていたときの事・・・

●うわあぁ!アイスクリームが溶けて分離して、2400ルピーの損失。くやしいのでがまんして食べてみたけど、やっぱりげろまずだった。

バックアップ用の冷凍ご飯がチンできず、冷や汗の中、蒸し器へ。はやくっ!早く温まってーーー!

●こんなときに限って、エスプレッソ3、カプチーノ2、カフェラテ2・・・・直火ポットはあるがっ・・・調理台はもういっぱい。ああっ!どーする。もう一台買ってきて!そう、いますぐっ!

ホットサンド、できましぇん。フローズン・シェイク・・・こればかりは手動じゃムリです。すみません!

ビール!ビール!ビニール袋に氷入れて冷やして!ああっ!氷解けてる(;;)買ってきて!そう、いますぐっ!

●え~~ん、生クリームがあ・・・

以上のような秘話なら山ほど。

えーえー、どーせうちは、ジェネレーターも買えないほどのビンボー・カフェでございました。

あー、なつかしいなあ。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

共通テーマ「ネパールのここが好き」 [共通テーマ]

第5位
●先進国じゃないトコ

都会育ちのばなな猫は昔から田舎暮らしに憧れてたので、
カトマンズ村の田舎暮らしが気に入っている。
もちろん根性なしの都会っ子だから
「本当の田舎」では暮らせないので、
色々な国の人種が住んでいたり、レストランあり、
リゾート気分のホテルもあり、で、
その気になれば都会的な生活も楽しめるという、ズルも出来るところが嬉しい。
停電があったり、物資が不足したりというのが、
案外ワクワク楽しかったりする
(>ビジネス経営者にとっては泣きっ面に蜂、だが)。

第4位
●雑多なところ

なんかもう色んな人種やらが混じりまくっていて、単純におもしろい。
ネパールそのものの民族もだけど、その他、チベット文化あり、
海外援助系外国人を始め、仏教系外国人、ミッション系外国人、
ヒッピー系、バックパッカー系、登山系、とその入り乱れ方は、
かなりのもの。ロンドンもコスモポリタンだったけど、
ここは輪をかけてコスモポリタン。楽しい。

第3位
●物価が安いトコ

結構みんな隠してるけど、これの魅力は大きいはず。
そりゃ最近は物価上昇中で住みにくくはなったけど、
日本に比べりゃ、ウソみたいに安く暮らせる。
もちろん外国人が長期に住むにあたっては、お金がかかる部分もあるし、
安全もお金で買わなければいけないが、
旅行者にとってはウハウハでしょう。
基本的には、おいしい野菜やくだものが日本の10分の一の値段で
買えたり、テーラードの服を安く作ってもらえたり、
趣味的なものはなんでも安く手に入るし、
せま~~~い家にうん十万円の家賃の日本では考えられないような
でかい家に住めるのもラブリー。

第2位
●楽ちんなトコ

B型のばなな猫的には、A型倭人社会はものすごく住みつらい。
約束の時間に5分遅れたぐらいで、平謝りしなきゃいけない世の中ってナニ?
って思う。大陸系モンゴリアンの血を、ここだとlet it be できて楽ちん。
明日出来る事は明日やろう!
まあまあ、まずはお茶でも。
「現地人と同じ目線で」というJICAのボランティア精神に、
ばっちりマッチだな、自分。と思う今日この頃。

第1位!!
●キレナイ&子供スキスキ

すぐキレちゃう日本人達を知ってると、このキレナイ世界はまさに桃源郷。
たまにタメルあたりの若者がキレてるけど、「タダのケンカ」で可愛いもん。

日本で子供連れて歩いてると、以下の事が気になるが、↓
*人気の無い道で背後/正面から来る影>刺そうと思ってる?
*本屋、スーパーなどで一瞬(1秒ぐらいでも)子供の姿が視界から消えた時
>へんな奴に連れて行かれたか!?冷や汗!
*電車の中のやばそうな奴>キレて包丁振り回したりしないか、こいつ?

ネパール人はほぼ全員、子供大好きで嬉しくなる。
その辺で走り回っても、大声を出しても、それが「あたりまえ」。
っていうか、子供嫌いが街にうじゃうじゃいる日本の方が異常だよな。
心の余裕0%の日本だから、少子化も仕方ない。
そんな所で子育てしたくない。母としては。

なので、ネパールでの子育てはなんか楽しい。
社会全体が子育てに参加してる、って感じがする。
(哺乳類人類的には確かそれが、習性だったはずだがな)
歩いてるだけで、「かわいいー」とほっぺにチューされたり、
スパーのお姉さん全員にぎゅうぎゅう構われて、
娘的には迷惑な時もあるし、
「帽子はかぶらないのか」「手が冷たいぞ」「靴が反対だ」と
通りすがりの人々に指摘されて多少うウザイ時もあるが・・・
背後から急に刺される心配は全く無い。
若い女の子でも男の子でも、ホント良く子供の面倒を見てくれる。

団塊世代は、
老人社会になっちゃう自分達の事ばっかり心配してないで、
もうちっと子育てしやすい日本を取り戻してくれよ。
後先考えずに「成長」ばっかり気にしたツケなんだからさー。

おっと、「ネパールのここが好き」が
日本批判で終わってしまいました。あはは。

*-------*-------*-------**-------*-------*-------*

ネパールのブログな人たち、共同企画・参加ブログ

ネパール通信    http://blog.goo.ne.jp/cae36940/
±8788     http://blog.livedoor.jp/jccn/
Banana Cat Cafe  http://blog.so-net.ne.jp/banana-cat-cafe/
カトマンズ生活   http://blogs.yahoo.co.jp/lastaktm
お散歩カトマンズ   http://blog.livedoor.jp/patan_ktm/
ぱくあくの日記   http://plaza.rakuten.co.jp/pakuaku/
アンナとプルナのナマステ便り  http://blog.livedoor.jp/annapurna2104/
ダーリンはちょっと年下のネパール人 http://plaza.rakuten.co.jp/pashupati/
ポカラ最新情報   http://blogs.yahoo.co.jp/pokharastupa
SHANTI    http://blogs.yahoo.co.jp/nepalxshanti
まるまる○ま   http://plaza.rakuten.co.jp/maruma3409
シェルパニヒマラヤ漫遊紀   http://blog.livedoor.jp/himalaya_tmk/
けぇ がるね?日記fromネパール   http://blogs.livedoor.jp/upreti
~うわのそら~ネパールはカトマンズ  http://uwanosora-ktm.blogspot.com
ポカラのほほん日記  http://blogs.yahoo.co.jp/chikamum67


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

共通テーマ「日本でネパールに会いたくなったら」 [共通テーマ]

日本でネパールに・・・・?私はせっかく日本に帰っている間は、あんまり会いたくありませんが・・・

日本でネパールに会いたくなったら、、、

B型の友人だけ選んで一緒に遊んでみてはいかがでしょうか?しかも友人の中でもとっておきにいいかげんな奴、と思われているB型を集めてみましょう。あんまり重要じゃない用事で呼び出してみて、約束の時間に遅刻してきてくれれば、もう好スタート!その後は、現実逃避について話し合ったり、スローライフについて話し合ったりしましょう。ああ、ネパールが懐かしいなあ、と感じること間違いありません。

私?ばなな猫はB型ですよ、もちろん。

ネパールのブログな人たち、共同企画・参加ブログ

ネパール通信    http://blog.goo.ne.jp/cae36940/
±8788     http://blog.livedoor.jp/jccn/
Banana Cat Cafe  http://blog.so-net.ne.jp/banana-cat-cafe/
カトマンズ生活   http://blogs.yahoo.co.jp/lastaktm
お散歩カトマンズ   http://blog.livedoor.jp/patan_ktm/
ぱくあくの日記   http://plaza.rakuten.co.jp/pakuaku/
アンナとプルナのナマステ便り  http://blog.livedoor.jp/annapurna2104/
ダーリンはちょっと年下のネパール人 http://plaza.rakuten.co.jp/pashupati/
ポカラ最新情報   http://blogs.yahoo.co.jp/pokharastupa
SHANTI    http://blogs.yahoo.co.jp/nepalxshanti
まるまる○ま   http://plaza.rakuten.co.jp/maruma3409
シェルパニヒマラヤ漫遊紀   http://blog.livedoor.jp/himalaya_tmk/
けぇ がるね?日記fromネパール   http://blogs.livedoor.jp/upreti
~うわのそら~ネパールはカトマンズ  http://uwanosora-ktm.blogspot.com
ポカラのほほん日記  http://blogs.yahoo.co.jp/chikamum67 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

共通テーマ「ネパールみやげ」 [共通テーマ]

私のイチオシはこれ!

「かとまんじゅう」

6個入りと12個入りがあって、

まんじゅうの形は、

ガネシュ、ボーダのストゥーパ、ダルバール広場のお寺、

ナマステするクマリ、牛、の6種類。

味は、微妙なマサラあんとチャイ風味のクリームの2種類。

味はまあまあだけど、お土産として喜ばれています。

同社からは「エベレストの白い恋人」というお菓子

販売されていますが、賞味期限とかは、全く不明です。

ぜひ、一度試してくださいね!

各みやげ物店で絶賛好評発売中♪

なわけないだろっ!(ひとりつっこみ)

絶対売れるよ「かとまんじゅう」。誰か早く作ってください。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

共通テーマ:ネパール版「死ぬかと思った」こと [共通テーマ]

久しぶりのネパールブロガーズ共通テーマ参加です。
って今回もチベットネタで恐縮ですが、
これ、ネパールでも体験できます、
 
「高山病」。
 
怖いですね~、怖いですよ~。
本当に死ぬかと思いました。
 
例えばこれが、自分の足で下山出来る場所、
まあ、高度4000メートル辺りにいれば、
下山すれば治る、と判っているので
「死ぬ~」とは思わないはずです。
最悪、誰かがかついで下山させてくれるはずです。
下山途中は、酸素ボンベでも吸ってりゃあいいんです。
 
しかし!
前後に5000メートル級の山が立ちはだかっている場合、
パニックになりますね、当然。
 
時はうん年前、陸路でネパールからチベット入りした時のこと。
何度もチベット入りをしていた私は、
うかつにもその前の晩、3200メートルにて酒盛りをし、
若干の二日酔いのまま、5200メートルを超え、
その日の宿泊先は4300メートル辺りでした。
 
もちろんすべてランクルで移動、宿泊先はホテルね。
 
3200メートルから5200メートルにいっきに車で移動するのは、
地元のチベタンにとっても厳しいわけで、
チベット人だって「いててて」と頭を抑えたりします。
 
ああ、うかつな私は、二日酔いで酸素不足の上に
酸素不足な地に踏み込んでしまったのです。
しかも前方にも後方にも聳え立つ、5000メートルの峠。
 
これをイメージしてしまったのがいけなかったのでしょうか、
夜になり頭がガンガンしてきた辺りで、
私は、疑心暗鬼になりはじめました。
 
「今回はやばいかもしれない」
「こんな町じゃ、たいした酸素ボンベもなかろう」
「この場所だと、どうやって救助してもらえるんだろうか」
「ネパールサイドに戻るにも2日かかる、
って事はやはり中国軍のヘリコプターか?」
「いや、高山病ぐらいじゃ来てくれまい、
しかし、シガッツェまでも2日はかかるであろう・・・。しょええええ!」
 
脳に酸素が不足すると、思考能力が極端に低下し、
以上のようなことを論理的に考えられなくなるのであった。
悪いことにその数日前には、スペイン人が高山病で
ラサに行く途中に意識不明になって危篤状態、というニュース
耳にしたばかりであった。
 
「だ、大丈夫だ、大丈夫、きっと生還できる!」
と無理やり思っても、
「ダメかも、ホントにもう死んじゃうかも!?」
といったパニックに見舞われるのである。
 
体験者はご存知だろうが、高山病は本当に辛い。
程度にもよるが、まあ、中ぐらいでも
もんのすごく辛い「もう会社いけない」級の二日酔いの
軽く10倍はしんどい。
頭痛、呼吸困難、ひどいときは妄想までもを引き起こす。
「息が出来ない」という状況は、尋常ではないため、
パニックに至るに充分な理由であろう。
なんといっても、年に何人もの死者を出している、怖ろしい症状である。
 
さて、この「死ぬかもしれない」というのも
酸素不足の頭にとっては、妄想に近い思い込みになっていく。
 
「もう死ぬんだ、もうだめなんだ、あああ、この地の果てで死んでゆくんだあああ」
 
とひたすら恐怖になっていくのである。
酸素不足であるからして、これといった深い思考も湧いてこない。
ただ単に
「死ぬんだ、死ぬんだ、死ぬんだああ~」
みたいな、人間の尊厳もなにもあったもんじゃない。
 
酸素がないというだけで、人間はこんなにも
オマヌケな生き物になってしまうんだなあ、と
後にしみじみ思ったの次第である。
 
さて、当然私は生還した。
一晩まんじりと眠れずに布団の中で、はあはあ、じたばたした後、
気が付いたら朝になっていた。
同室にいたシンガポール人の女の子が
「大丈夫、大丈夫よ!」と手を握って
励ましてくれたことをうっすらと覚えている。
(彼女とはその後もずっと友達である)
 
まあ、頭痛は残っていて、ぼーーーっとしているものの、
朝ごはんも食べれるほどに回復していた。
 
「ああああああああああああああああああああああ、良かった~~~~、
ホント、死ぬかと思ったよ~~~~~」
 
ともう一人同じく同じように苦しんだイギリス人同志と
抱き合って喜んだのであった。
 
ああ、怖ろしや高山病。
みなさんも気をつけてくださいね。
高所に行く前の晩は、
お酒は飲んじゃダメですよ、絶対(って当たり前ですね)。
 
さて、しかし人類のすごいところは、
高所にいると2~3週間で血中酸素量が正常に増えちゃうってとこです。
というわけで、3400メートルのラサでも
サッカーも出来ちゃうし、お酒も飲めちゃうんですね。
 
さすが、
あつかましくも地球で一番強い動物に成り上がっただけのことはあります。
適応力バツグンです。
 
ちなみにラサからいっきに海抜0メートルの香港なんかに到着すると、
空気が「うう、お、重い」って感じになります。
こちらも一時的に頭痛がおきたりします。
こちらは死ぬようなことはありませんが。
 
***********************************
            ネパールのブログな人たち           
                共同企画               
                                  
               参加ブログ              
                                  
ネパール通信    http://blog.goo.ne.jp/cae36940/
±8788     http://blog.livedoor.jp/jccn/
Banana Cat Cafe  http://blog.so-net.ne.jp/banana-cat-cafe/
カトマンズ生活   http://blogs.yahoo.co.jp/lastaktm
お散歩カトマンズ   http://blog.livedoor.jp/patan_ktm/
ぱくあくの日記   http://plaza.rakuten.co.jp/pakuaku/
アンナとプルナのナマステ便りhttp://blog.livedoor.jp/annapurna2104/
ダーリンはちょっと年下のネパール人 http://plaza.rakuten.co.jp/pashupati/
ポカラ最新情報 http://blogs.yahoo.co.jp/pokharastupa
SHANTI    http://blogs.yahoo.co.jp/nepalxshanti
まるまる○ま  http://plaza.rakuten.co.jp/maruma3409
シェルパニヒマラヤ漫遊紀 http://blog.livedoor.jp/himalaya_tmk/
けぇ がるね?日記fromネパール http://blogs.livedoor.jp/upreti
~うわのそら~ネパールはカトマンズhttp://uwanosora-ktm.blogspot.com
ポカラのほほん日記 http://blogs.yahoo.co.jp/chikamum67

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

共通テーマ「100ルピーでできること」 [共通テーマ]

「100ルピーねえ・・・」

ネパールに帰ってきてから(あ、ただいまです)
このテーマについて、ずっと考えているんですけど、普段出歩く時間のあまり無い私には、「できること」と言われてもピンときません。

スタッフの給料のことを考えると・・・うちは、大抵新人が入ると最初は月給3000ルピーから始めます。でもってまあ、一年ごとにちょっとずつ給料をあげていきます。多分、どこもこんなカンジでしょうか。ちなみにうちのディディ(お手伝いさん)は、月給4000ルピーです。車の運転手(専属の)や大卒で企業に勤める人は、もっともらっていますが、まあ、それでも5000ルピー~7000ルピーぐらいでしょうか。

月給3000ルピーということは、日給にして100ルピーです。

こう考えると、100ルピーとはいえ、なかなか使えなくなりますね。

100ルピーで出来ること・・・う~ん、困ったなあ。

「できること」とか言われちゃうと、社会派のばなな猫は、

「じゃあ、ドルポの学校建設募金箱に入れようか」

と思ってしまいます。

みなさん、100ルピー、有効に使ってますか?

 


nice!(0)  コメント(0) 

共通テーマ「停電らぷそでぃー」 [共通テーマ]

およ!いまさらかいな、と思わないでください。そこのあなた。
だいたい月2回って、多すぎません?

梅の花もすっかり落ちて、さあ、次は桜だ~ぁ♪、と
春爛漫にウキウキしていたら、
いきなりまた冬に逆戻りな日本からお送りしております。
新潟は豪雪ですって。
横浜もしばれるぅ~っ

停電かあー。そんなこともあったなあー。
いや~、なつかしいっ。あははのは、です。
こんなこと言ったら、ネパールのみんなにどつかれそうですね。
大丈夫です、もうすぐ帰りますからっ。

確か今は、一日6時間でしたっけ?
でも、それって午前と午後の2回でしょ~
と私は言いたい。

なぜなら私は、あの4年?5年前?の
恐怖のぶっつづけ半日停電、しかも毎日、を経験しているからであ~る!
そうですよー、今日は午前中、今日は午後、今日は夜全部
ってなカンジで毎日停電してました。

それに比べれば、今なんてマシですよ。
そんときゃあ、もう「冷蔵庫がどうの」とか「お湯がどうの」とか
そんなの問題じゃありませんでした。

「とにかく生き延びる」

ま、そんな感じでしたかね。
まあ、チベットの山奥にいると思えばいいんですよ、ただそれだけ。
新鮮なものだけ食べる。
寒い時は日光に当たる。
夜は暗くなったら寝る。

ラプソディっていうよか、アンニュイなアリアって感じでした。
キャンドルに囲まれた夜なんて、もう幻想的にロマンティック

最近、某所において、「ネパールに初めて住む」人々との交流があるんですが、
もちろん「大丈夫ですよお~、ほほほー」
と言って安心させてあげています。

12時間停電、24時間停電になったらどうしますかねえ?
ホント、どうしましょうかあ・・・


nice!(0)  コメント(3) 

共通テーマ「ネパールへの道」 [共通テーマ]

はろ~。
所用でまたもやニッポンにおる、ばなな猫で~す。
都内某所に毎日通っているんですが、結構へろへろです。
忙しいので外食に偏るんですが、
なんかぁ、ニッポンの食べ物が合わないって言うかぁ~。
さっそく娘共々お腹こわしてまーす。
民衆は、化学調味料反対のバンダをすべしっ!

実は、今朝もあと1時間半したら提出しなきゃいけないものが
あるんですが、、、あはは、
忙しくなると、なんか顔を洗いたくなるんです。にゃあ。

本当は
「使ってみましたタイ新空港&床が鳴るデイルーム!」
とか
色々お話したいことはあるんですがあ。

忙しいので、ちょっと遠い目をしてこんな事考えています。

ネパールへの道

今の私なら・・・・

まず、横浜から長崎(もちろん、のんびりと船)
長崎から上海(もちろん、のんびりと船)
上海から、そうね、クンミン>リージャン(列車、もちろん一等)
リージャンからチベット自治区内カム(もちろんランクル
カムからのんびりと草原を北上(できれば馬>料理人&召使二人ぐらいづつ)
アムドからまたランクルでラサ入り(列車は絶対乗りたくないー)
んで、2ヶ月ぐらいのんびりしてから
「ぼちぼち行く?」ってかんじで出発(もちろんランクル)
「やっぱりカイラスも」ってことで、また1ヶ月
なんだかんだとネパール国境に着くのがそのまた2週間後。

ってなかんじですかね、お勧めは。

あ、お金の無い人は、これ全部自転車でもできますよ
実際やってるひといっぱいいますから。

徒歩で!という方は、河口慧海の「チベット旅行記」あたりが役立ちますよ。

五体投地で!という方には、心より合掌いたします。
(今やれば、「日本人初!」と歴史上に残ることでしょう。
ガッツのあるバックパッカー諸君!VISAカードは捨てて、ぜひやってください!)


nice!(0)  コメント(2) 
前の8件 | - 共通テーマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。