So-net無料ブログ作成
トラベル ブログトップ

シャボン玉 [トラベル]

あっという間の日本滞在一ヶ月半が過ぎ、そろそろネパールに帰ります。
今回の帰国中、心に残る出来事がいくつかありました。

その1
公園で娘とシャボン玉していた時、
下校中のランドセル、半ズボン、ちょっと太目のひょうきん小学生(2,3年生?)が
「ああ、シャボン玉だ!すみません!ちょっとわらせてもらってもいいですか?」
と宙に舞うシャボン玉を追いかけ、2,3個楽しそうに友達と割った。
その後、「ああ、楽しかったああ。ありがとうございましたあ!」と去っていった。

その2
子供用の滑り台の上でゲーム対戦していた男の子達5人に
「ねえねえ、ちょっと、どいてくんない?」と頼んだら
(うちの娘が遊びたがったから)、
「あ、いいっすよ。この辺ならOKですか?」と近くに
可愛く移動してくれた。
(決して私が怖かったからではない)

その3
フッ素を塗ってもらうため歯科医に行ったら、入り口で娘が大泣き。
フッ素そのものは、甘いオレンジ味やらぶどう味にしてあって
たいしてまずくないし、一瞬塗るだけなんだけど、
しゅわしゅわと泡状になるのが、すごく気持ち悪いらしい。
「もう甘いものはぜったいに食べないから、だからしない~」と絶対出来そうに無い
約束を無理やり私(母)としようとする。
そこへ、この歯科医の次男坊(小学校一年生)が通りかかり、
泣いている娘のそばにやってきて、
「でも、ご飯も食べられなくなっちゃうよ」
「オレンジ味のは結構おいしいよ」
などと娘を慰め励ましてくれたのだった。

「ほら、だんごムシ」と便所ムシを見せてくれたり、
「その植木はチクチクして危ないよ」とかおしえてくれたり、
なにかと親切な男の子だった。
結果は母の特権、「じゃあもうビデオも観れなくなるよっ」と
全く筋の通っていない脅しを使い、ほぼ無理やり完了したんだけど。

なんというか、
日本の子供達、
悪くないじゃん~
と思わせてくれる瞬間でありました。

うちの近所は少子化とはいえニュータウンなので、結構子供もいっぱい。
夕方前には公園で遊ぶ子供達とお母さんがうじゃうじゃ。
荷台前に3歳児、後ろに5歳児でママチャリ買い物姿の
母さんの姿は、ホント、美しいです。
子供二人にヘルメットをかぶせ、北風から守るためのひざ掛けに手袋。
これを着せて、ふたりを自転車に乗せて、買い物袋をハンドルに掛けて、
子供と大声で話しながら自転車こいで、
(うちの地元は、自転車優先ムードです、昔から)
で、帰ってからご飯作るんですよね。
母、すごいよなあ、全く。

こういうたくましい母さん達に育てられた子は、きっと大丈夫、と
脈略もなく安心するのでありました。

マスコミが大きく取り上げる部分だけ見ていれば、
最近の日本はイヤな事ばかりですが、
周りにある小さな幸せに目を向ければ、良い所ばかりが目に付きます。

もちろん気の抜けない部分もありました。
例えば、ちょっと挙動不審の男がいたりすると過剰に緊張しますし、
ストレスでイライラしている人々でいっぱいの厭なテンション電車の中、
テレビでは暗いニュースばかりが目立ち、
ああ、世の中はどうなってしまうの、と思ってしまいます。

でも、近所のママチャリ母さん達の姿を思い起こすと
「大丈夫だよー」と思い直せるのでした。

そして、でも、やっぱり私は、思ってしまう・・・
「やっぱ、ネパールってのんびりしてていいよなあ・・・」と。。。


nice!(0)  コメント(0) 

大韓航空搭乗記 その3(最終回) [トラベル]

しまった!いつの間にか年末がやってきていた。
みなとみらいで遊園地、下関出身の友人宅でふぐナベ、
おそばにのり巻き、ゆず湯でのんびり
している場合ではなかった!
先生も走っちゃうらしい師走である。
何かしなければ・・・・・
何だっけ?
大掃除とか、一年を振り返るとか、来年の抱負とか?
ああ、そうそう、忙しくしなきゃだったわ!
 
・・・・とりあえず、「つづく」が年を越えるのもなんなんで、
完成させておこうっと。
 
え~っと、どこまで話したっけ。
そうそう、インチェン空港ね。
そう、あのホテルは、いまいちだった~。
やっぱり無難に最近出来たハイアット・リージェンシーに
しておくんだった、とちょっぴり(ちぇってカンジ)後悔。
「オンドル・ルーム」にひっかかったのである。
 
実は帰りは、飛行場内のトランジット・ホテルをもう予約済みである。
後で知ったんだけど、なんと飛行場内にアイススケート場なんかも
あるらしいではないか!
わざわざ出国して重い荷物を受け取らなくとも、
ここで遊んでいれば良いのである♪
 
さて、朝の遅い便を指定していたおかげで、
ゆっくりと出発したインチェン空港は、とても空いていて、
あの、ごった返している成田とは大違いであった。
 
そして特記すべきは、機内食である。!
相変わらず「チャイルドミール」はいまいちであったが、
(娘のあんまり好きじゃないハンバーグ^^;)
 
大人の方は「!」がついちゃうほどに美味であった。
さすがーーーーーーー!エコノミー・クラスにしてこの味!?
って言うぐらいにフレッシュな味だった。
 
まあ、内容は結構庶民的に
●胡瓜の和え物
●チキンのキムチ風味(っていうのが一番分かりやすそう)
 &ご飯
 
このチキンの柔らかくてジューシーな事、
たいしてお腹も空いていなかったのに、
ワタクシ、生まれて初めて機内食を「全部」たいらげました。
 
そりゃあ、ファースト、ビジネスの食事は
気も使われているし、工夫も凝らしてあるしから
おいしいに決まっている。
最初から期待されているわけだから、
たいしたこと無ければ、
「期待してたほどじゃない」と思われやすいであろう。
 
しかし、「まずいに決まっている」と思い込まれている
エコノミーの「TVディナー」がおいしいと、
「おおっ!」と驚かれるわけか。
 
う~ん、やるなあ、なかなか。
 
ファーストに座っていたであろう「ソン様」は、
何を食べていたんだろう。
韓国宮廷料理!?
 
というわけで、大韓航空、カトマンズ>成田便、
個人的には◎でした。
飛行時間が短いおかげで、
成田に到着したときのぐったり感はゼロで、
「でんしゃのりた~い」という娘のご要望にお答えして、
YCATから東横線で帰ってきたぐらいです。
(荷物は宅配便で)
 
まあ、タイで遊びたい方にはお勧めできませんが
(当たり前ですね)、さくっと飛びたい方にはお勧めです。
タイでトランジット5~6時間にしても一泊するにしても
私的には、全体的な「面倒くさい感」は、タイ経由の方が圧倒的にあります。
南下してまた北上する、って所に「遠回り」感があるのかも。
しかも・・・ムシ暑苦しいし。
 
ちなみに成田⇔上海(給油)経由カトマンズ直行便 
byRA(ロイヤルネパール)という手もあります。
あるにはあるんです・・・・・安いし・・・
時間のある方のみにお勧めしております。
え、私ですか?いやあ、ははは、
コメント?勘弁してくださいよお。
 
「所有の旅客機が2機ある」、と言う事だけはお知らせしておきます^^;
 
おしまい
 

nice!(0)  コメント(4) 

トリヴュバンなのか、トリブヴァン空港なのか [トラベル]

Tribhuvan、 トリブヴァンが正解だった。
 
さて、ネパール唯一の国際空港、このトリブヴァン国際空港について、
初めてネパールを訪れる方は知っておきたいところだろう。
ふふ。
 
へええ、なんとHPがあるよ↓
すごいなあ。
いや、実際最近、少し近代化されたもんね。
なんてったって、2階までのエスカレーターが一台あるんだから、
すごいでしょ、えっへん。
(よく乗り場付近で乗った事の無いネパール人が躊躇してたりして微笑ましい)
 
いや、しかしこのフライト・スケジュール・・・・・夏から更新されてないなあ。
っていうか、お願い、絶対に信用しないでくださいね(笑)。
うわっ、良く見たら2005年の夏のだよ、これっ。(爆
 
さて、飛行場のプロファイルはこんなかんじ↓
多分、初めてここに飛ぶ先進国国際線のパイロット達は、
「え、マジ?これってマジで国際空港?」とつぶやくに違いない、
ような気がする・・・・。
 
よくわんないので、トリブヴァン空港のことを書いた日本語の情報を探してみた。あ、あった~。興味のある方はこちら↓
 
滑走路3000mっていうのは、どうなの?大丈夫なんだよね?
大韓航空のパイロットがびびったのは、仕方の無いことなの?
う~ん、レーダーとかってあるの?それはどんなもの?
 
最近でこそ、待合室に大型TVなんてしゃれたものがくっついているが、
まあ、正直、ちょっと高級な体育館ってかんじ。
国内線の乗り場にいたっては、
「な、何、ここ?鉄道駅?」みたいなエキゾティックぶりである。
なんてったって荷物には野菜、果物やらの麻袋なんかが混じってるし。
ヤギやらニワトリがいない方が不思議なくらいである。
 
とにもかくにも、旅行者の皆さん、
ここでは「与えられる情報」というものはいっさいありません。
すべて自力で探してください。
その辺の人に聞いても、テキトーな事を教えられる可能性大です。
聞くならトランシーバーを持った人に直接聞きましょう!
 
あ、それとっ!これ、大切↓
 

●大使館からのお知らせ/7月20日付

トリブバン国際空港での盗難事件について

 先日、日本人旅行者が空港からの出国時、カバンを開けてセキュリティチェックを受けていたところ、他人から話しかけられ対応していた間に、開いていたカバンは閉められており返却されキュリティは通過しました。その後、帰国しカバンの中の袋に入れておいた宝石ネックレスがなくなってしまっていたとのことです。
 以前にも同様のケースで貴重品が無くなることがおきておりますので空港での持ち物の管理には十分注意し、カバンの中をあけてセキュリティチェックを受けている時は、その持ち主本人がそばから離れず、又目を離さないよう十分注意してください。
 万が一、被害に遭いましたら大使館までご連絡頂きますようお願い致します。
大使館(代表)  442-6680
領事担当     98510-20158
 
 私が飛んだ12月11日時点では、セキュリティーチェックの前に、でかでかと上記内容の張り紙がしてあった(日本語で)。さすが大使館警備担当M木さん。これだけ目立つようにしてあると、犯罪も減るであろう、と感謝した次第。私は荷物からも娘からも目が離せないので忙しく、「何見とんのじゃ、ワレ!」とついケンカ腰に係官をにらんでしまうのだった。
 
 そうそう、そういえば、「日本人旅行者へのビザ免除」、3月31日まで実施になっているようです。詳しくはこちら↓

nice!(0)  コメント(3) 

乗ってみました大韓航空、カトマンズ>ソウル>成田便の巻!その2 [トラベル]

しまった!いつの間にか商工会HP(http://www.cometonepal.com/)
にホントに紹介されていた(ジョーダンじゃなかったのか・・・)
早く「つづく」を完成せねば。
おでんにしらす&イクラご飯している場合ではなかったのだ。
 
え~っと、もう一昔前のことになってしまったので、
かなり力が抜けているが、前回のつづきっ。
 
狭いトリヴュバン空港の待合室から機上の人になった138人は、
空いているボーイング(300人乗りぐらいだっけ?)に
やっと乗り込み、のんびりとリラックスムード。
おかしも食べずに4時間も待っていた大人達は、
カトマンズ市内で用意されたであろう機内食を
「待ってました」とばかりにいただく。
 
チキンORビーフ。
当たり前だけど、ベジタリアン食は特別リクエストがなければ
用意されない。ヒンズー圏や中東のフライトと違うところである。
私は、ビーフにしてみたが、
・・・まあ、こんなもんかな、って味でした。
 
リクエストを入れておいた、チャイルド・ミールは、
ミニ・チーズバーガーとチップスとお菓子。
味はまあまあだった(大人用より食べれた)が、
 
はっきり言って各線の「チャイルドミール」、
子供、なめてんのか?って感じですな(笑)。
母の気持ちをちっとも理解していない。
 
1、野菜が飾り程度にしか入ってない
2、味付けが濃い
4、ジュースじゃなくて牛乳でしょっ
3、なんか知らんが、お菓子が多すぎっ!
 
もっと栄養のバランスを考えんかい!
 
ってTGとKEしか知らないけど、きっと各線、多かれ少なかれ、
「子供っていったらケチャップでしょ」
「お菓子でも付けときゃいいんじゃん」
「入れ物が可愛けりゃ喜ぶんちゃうの」
といった姿勢が丸出しである。
 
もっと考えてください。
 
さて、お約束のKEのスチュワーデスさんたちについて。
あ、すいません、最近ではエア・ホステスさんと呼ぶんですよね。
あ、ちがったエア・クルーでしたっけ、フライト・アデンダントでしたっけ、
フライトパーサー(古い?)でしたっけ?まあ、いいや、どっちでも。
 
いやああああ、とにかく、だ。
肌が、白い、きめ細かい、きれい!
「やっぱり美白の秘密は、アカすりとキムチなのよねえ」とため息感心。
あの美肌が努力の賜物である、と言うことは
同じ女性なので、ようく判ってしまう。
 
ほとんどのクルーが日本語を操っていたのにはちょっと驚いた。
が、同時に
「お飲み物はいかがですか?」
「お食事はいかがなされますか?」
「お水でございます」
「お席を元にお戻しください」
「シートベルトはお閉めですか」
と「完璧な」マニュアルどおりの笑っていない目トークにはいささか閉口。
なんだかコンピューターとしゃべってるみたいだったのだ。
 
っていうかあぁ、暴言と言われるのを覚悟で言っちゃおう!
 
KEのスッチャーってぇ、一昔前のぉ(今もか?)、JALのスッチャーに
通じるところがある、ってカンジー。
絶対そう。言い切るっ!
 
つまり「冷たい」。
 
Jのように特にエコノミーの乗客に冷たいのか、
全体に冷たいのかは判らないが、
JALのスッチャーのあの独特の冷たさを思い出した。
彼女らの間では、エコノミーが「カーゴクラス」と呼ばれていたらしいのは、
周知の事実である(本当かウソかは知らない)。
 
私は、仕事の関係で結構飛行機を利用してたので、
これは私的事実に基づいた、勝手な事実である。
故に私はかなり早い段階でJALは見限った。
 
ANAのエア・ホステスさん達は、そりゃあやさしい人が多いけんねえ。
ワシのようなエコノミーの人間でもそりゃあやさしくしてくれたばってん。
もう、なんちゅうかこう、幼稚園のときのやさしい先生を思い出すっちゅーかね、
心があったまるんですわ。笑顔がねえ、ホンモノなのよね。
 
数々の賞を我物にしている、シンガポールエアやマレーシアエアも
確かに「好い」。
お姉さんはうっとりするぐらいに綺麗だし、制服のセンスも抜群だし、
もちろんスタイルも完璧。
「いやあ、目の保養ですなあ」とにやけてしまう。
 
がしかし、ANAの日本人の心をくすぐるサービス、
心を癒してくれる可愛いエプロン姿、やさしい笑顔のお姉さんに、
私は、この十何年間、金賞を与え続けてきた。
最近乗っていないので、真実は判らないがっ。
 
あ、話をKEに戻そう。
 
まあ、エリートな立場に入るスッチャーさん、多かれ少なかれ
「なんでこの私が食事を運ばなきゃいけないのよ」と思っているに違いない。
私だったらそう思う。
だからまあ、別に冷たかろうがなんだろうがどうでもいいのである。
 
さて、空いていたおかげで、真ん中5席を娘とふたりでGETした我々は、
のびのびのんびりと横になり、娘もすやすやと寝息を立て、
かなり快適なフライトとなった。
TGだといつも混んでいて、2席に娘を寝かせ、
私は端っこに体を横にして座っていなければならない。
 
あれよという間にインチェン空港に到着~。
予定の5時間45分を下回って、5時間15分
>出発が遅れたので飛ばしたらしい^^;
しかし、もう夜中の2時をとうに回っていた。
 
ちなみに現在カトマンズ⇔ソウル便は週一便だけであり、
月曜朝ソウル発の便が夜とんぼ返り、夜中に着くので、
ソウルで一泊しなければならない。
 
キンポウ国際空港がどんなだったか良く覚ていないのだが、
インチェン空港は確実にソフィスティケートされている。
「成田も早く建て直して欲しいよなあ」と各国の飛行場が新しくなる度に思う。
 
さて、予約しておいた飛行場近くのホテルに
インフォメーションデスクから電話を入れて迎えに来てもらう。
5分ほどで車が来てホテルへ。
「あれ?意外に遠いんだなあ」と思うような距離(10分ばかり)
を走って、車は「エアポート・シティ」という街に。
 
昔の新横浜駅周辺を思い起こさせる町並みの、
コンビ二の向かいにそのホテルはあった。
床暖房のオンドル・ルームは快適だったが、
空調がききすぎていて、結局窓を開けて寝るぐらい暑かった(笑)
ので、別にオンドルじゃなくても良かったか。
 
このホテルについては、たいしてコメントなし。
しいて言うなら、部屋の中にどでかい自動販売機があるのはなんだかなあ、
なローカル色の強い「インターナショナル」ホテルだった。
 
つづく
>なんだかプラマイ(http://blog.livedoor.jp/jccn/)のワタクシさんのようになってきている(笑)・・・
 

nice!(0)  コメント(3) 

乗ってみました大韓航空、カトマンズ>ソウル>成田便の巻! [トラベル]

昨日の朝、成田に着いたら、
まさに「黄色い声」と呼ぶに相応しい怒涛のような叫び声が、
到着ロビーいっぱいに響き渡っていた。
「きゃーーーーーーー!!!」「@@@!!」「****!!!」
そしてそれに続くフラッシュ、フラッシュ、フラッシュの嵐。

なに事!?だれっ、誰が来たの!?
とミーハー心うきうきに聞いてみたら、
「ソン様」!
きゃーーーー!うっそ~!私と同じ便だったのよぅ~!

そうです、という訳でソン・スンホンさんとおっしゃる韓国の俳優さんが
誰だかは全く存じませんが、
(興味のある方はこちら>http://www.songseungheon.cc/

「乗ってみました大韓航空、カトマンズ>ソウル>成田便の巻!」を
おおくりいたします。

ソウルまで5時間45分(!)というのに惹かれた、
TGに飽きた、タイがそんなに好きって程でもない、
TGばっかり儲けててずるい、
TGがやたらと混んでいる。という様々な理由から
今回は就航したての大韓航空に乗ってみましたっ!

思えばその昔は、ANAカトマンズ>成田直行チャーター便、なんてものが
あった時代があったのです。ああ、懐かしや。
その頃は、JASも直行便が出るらしい、JALまでも!なんてうわさが、
ふ~ん、て感じで飛び交っていました。
(オーストリア航空、ルフトハンザ、果てはBAまでもが直行便を出してたなあ)
嗚呼、プリーズ!カムバック、栄光の日々よ!

大韓航空月曜日のソウル直行便、
カトマンズ16:00pm発、ソウル12:55am着
ということは、一泊です。子連れですから、トランジットは飛行場で、
というわけにはいきません、そこで、冬が好きなばなな猫(というか夏が嫌い)、
さっそく飛行場近くのホテルのオンドル・ルームを予約して、
気分はすっかり、あんにょんはせよ~、です。
(このホテルについては後ほど)

さて、「時間通りに飛びそう」と期待して、16時出発の便に
いつも通りきっかり2時間前に「家を」出発。
チェックインは、スムーズにあっさり終了。
韓国人の団体トレッカーさん達、グループの荷物を一列に並べたり、
効率良くパスポートを並べたりと、仕切ってくれていました。
出国カウンターも比較的すいていて、セキュリティーチェックも難なく追加。
あとはボーでぃんぐを待つばかり。。。。。。。
と、ところが、
 
係員のおじさんに、「コリアン・エアは?」と聞いてみると、
 
「ああ、まだランディングしとらんのよ」との答え・・・
「へっ?@@」
「もう2回もトライしとるけんね、成功せんのよね」
「へっ??」
「2時ごろからもうずっと上空を旋回してるでね」
「へっ?なんでえ?」(も、もう4時なんですけど)
「天気が悪いけんねえ」
「・・・」
 
つまり、2時間の間に2度も着陸を試みたのですが、
失敗だった、というのです。
原因は、「悪天候」。
そう、その朝はカトマンズの冬にしてはめずらしく、
雨がしとしと降っていました。

・・のわりに、その間、ダカール航空やエア・インディア、rロイヤル・ネパール
(現ネパール・エアライン)は、すいすいと着陸&離陸していました・・・・
同じ大きさの旅客機なんですが??
・・・・・命の重みの違いなのか、パイロットの腕の違いなのかは・・・謎です^^;。
・・・謎のままにしておきましょうっ。

乗客全員、自分の乗る便が、着陸もしていないとは聞かされず、
チェック・インして、出国して、セキュリティーチェックして、
あのせま~い搭乗ゲート前で、その事実を聞かされたわけです
(というか自主的に聞きに行った人だけが知った)
 
頼むっ、着陸してくれ機長!おまえならできるっ。
と、これから命を預けるはずの機長にむかって
心の中で叫びました(多分全員)。

「5時半までに着陸できないと、燃料が足りなくなってインドに行く」
と聞かされたのは、その1時間後、4度目のトライ中のこと・・・・^^;、
もう5時を回っていました・・・。
あはははは。なんかもう、笑うしかありません。
心の中では、「そーだ、一泊するならヤク&イエティにしてもらおう、
スチームサウナに入っちゃおうっと♪」などと考え始めていました。
(前にバラナシ便が欠航になったときに家がある事実を隠ぺいして、
ホテルをとってもらい、味をしめているばなな猫)

そして、頭がポジティブThinkingに変わったその時、
おおおおっ!斜めに射す夕日が!
そうです、雲が切れたのです。
「いやっほ~!!」と一番大きな声で叫んだのは、
機長その人だったことでしょう。
カトマンズ上空を3時間、3時間も旋回し続け、
3回も着陸に失敗した飛行機、
の乗客たちの安堵の声が聞こえてきそうでした。

そして夕日をバックに、やってきましたよっ、スカイブルーの機体。
「あああ、やっと来てくれたのねえええええ」
と、娘にあげるおやつが底をつき始めた私は、感謝感謝。
 
水しぶきを上げて着陸した機体に向かって、
韓国人一同&わたし、拍手喝さい。
降りてきた乗客のうれしそうな顔ったらありませんでした。
 
というわけで、その1時間後、給油を済ませ、清掃を済ませた機体に
乗り込むことができた乗客132人は、
やっと機上の人になったのでありました。
 
・・・・離陸・・・は、・・・だいじょぶだよね、機長?
と思ったのは、わたしだけではないでしょう^^;
 
「もおおおおおおっ!はやく のろおおおよおおお!」
 
と100回は繰り返し、それでもがんばって4時間も待ったうちの娘。
さすが、出てくるのに(出産)6日間もかかっただけあって、
辛抱強いです。
えらい、えらいとしか言いようがありません。
ああああ、よかった。
 
つづくっ
 
*そうそう、というわけで、ワタクシ所用により日本におります。カフェは再びNADAにまかせてきました(アメリカ出発まで間もないと言うのに感謝です)。1月7日まで横浜滞在予定。遊んでくださる方、連絡待ってます~。^^

nice!(0)  コメント(7) 
トラベル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。